うちの主人は辛いものが大好き。

よって麻婆豆腐も辛くするのですが、ネットレシピを見ると、豆板醤の量を調整すると書いてあることがほとんど。

ですが、辛味を増やすのは豆板醤だけではありません。

単純な辛さではなく、複雑味のある「おいしい辛さ」にしたいですよね!

辛味好きな主人が美味しい!と言ってくれる、麻婆豆腐に辛味を増すためのポイントを紹介します。

麻婆豆腐の辛味を増すには赤唐辛子の種を使うと早い!

麻婆豆腐に辛味を増すためのアイテム1つめは、赤唐辛子(鷹の爪)のです。

唐辛子の種を入れることで、辛味をだいぶアップさせることができます。

 

もしかしたら豆板醤を増やすより手っ取り早いかもしれないです!

 

私たちが一般的に手に入れる乾燥した唐辛子には、1本のもの・糸切状・輪切り状などがありますが、

麻婆豆腐を辛くするために使うなら、1本のものを刻んで種ごと使うのがオススメ!

乾燥唐辛子の種には辛味成分が移っている

生の唐辛子の辛味は「胎座」といわれる白いワタのような部分に多く含まれているのですが、乾燥させるとその辛味は種にも移ります。

私たちが一般的に手に入れる唐辛子は乾燥させたものなので、種にも辛味があるというわけです。

麻婆豆腐をもっと辛くしたいならこれを利用しない手はないですね!

また、唐辛子の辛み成分は空気に触れると発揮します。

なので、輪切り状のものを使うより、1本ものを刻んで使った方が麻婆豆腐をより辛くできるのです。

1本を刻んで入れれば、なかなかの(辛いもの好き主人が満足する)辛さになります。

私は顔が赤くなり汗が出るんですけどね(笑)

冷たい油と一緒に加熱すればOK

唐辛子を輪切りにしたら、冷たい油の中に入れて、一緒に加熱すればOK。

そうするとはねたりする危険もありませんし、辛味が油に移って全体的に辛くすることができます。

市販の素を使って麻婆豆腐を使うときも同様。加熱前の油に唐辛子の輪切りを入れればOKです^^

麻婆豆腐の辛味増しに豆豉(トウチ)を使うと奥深い味わいに

豆豉(トウチ)とは、大豆を発酵させたもの。中華材料のひとつです。

塩辛くて風味が強いですが、炒めると香ばしい香りになり、料理の味に奥深さを持たせることができます。

立ち位置としては、豆豉だけですごく辛くなる!というわけではなく、単純な辛さから複雑な味わいにできるといった感じですが、プラスアルファとして入れると、「いつもの麻婆豆腐と違うね!」となるかもしれません^^

仕上げに麻婆豆腐に辛味を増すなら花椒(ホワジャオ)!

花椒(ホワジャオ)は、中国のサンショウの1種「カホクザンショウ」の果皮を乾燥粉末にしたもの。

花椒は「しびれる辛さ」が特徴で、食べたとき、舌に残るような辛さを作ることができます。

花椒(ホワジャオ)は、中国料理の辛味のひとつ「麻味」を作るので、入れることで一気に中華らしくなります!

 

花椒(ホワジャオ)は、調理中ではなくトッピングとして使います。

香りに優れているから、長く炒めてしまうより最後に使ったほうがいいのです。

なお、日本のサンショウとは別物なので、しびれる辛さを出したいなら花椒(ホワジャオ)です!

豆板醤にひと工夫で麻婆豆腐が複雑な味わいに

以上3つを紹介しましたが、やはり1番身近なものは豆板醤だよ、、という方もいるかもしれません。

なのでここでひとつポイント。

豆板醤は炒めて使うのがおすすめ!

ただ豆板醤をそのまま足すよりも、少し炒めることで香り高くなり味に複雑な感じが出ます。

炒めたから辛味が増すというわけではないですが、ひと手間を加えることで、豆板醤のちからをもっと発揮することができます。

冷たい油と一緒に加熱して香りを引き出す

冷たい油と一緒に豆板醤を入れて弱火で加熱すると、香りを引き出すことができます。

温めた油に豆板醤を入れるとはねてしまい危ないので、冷たい加熱前の油に入れ、油と同時に加熱します。

このとき、ネギやしょうがを一緒に入れると一緒に香りが引き立ちますよ。

まとめ

いかがでしたか。

今日は、麻婆豆腐に辛味を増すには?豆板醤を増やす以外の方法をお伝えしました。

これらの量を調整することで、麻婆豆腐の味を好きなように変えることができます。

いろいろ試してみてくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク