毎日の夕飯の献立を考えるのが苦だ!レパートリー増やしたい・・・

料理のレパートリーってどうやって増やすの?

主婦のお悩みのひとつ、夕飯の献立決め。

料理はそこそこやってても、これだけはいつまでも解決しなかったりしますよね。

そこでこの記事では、料理のレパートリーを増やすためのコツをお伝えします!

実際に1か月以上、毎日の夕飯で違うものを作れるようになった私が解説します。

難しい技を覚えたり、毎日ネットでレシピ検索する必要はありません。

さっそくコツをおさえていきましょう!

それではどうぞ。

スポンサーリンク

料理のレパートリーを増やすには?4つのコツ

家族からの「また〇〇?」という声はできれば聞きたくないっ・・・そういう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ずばり料理のレパートリーを増やすコツは・・・

  • レシピ検索から始めない→食材から連想する考え方に切り替える
  • レストランやデパ地下にあるメニューを観察する
  • 旬の食材を楽しむ
  • 基本の調味料を中心に使うようにする

この4つです。

「レシピ検索から始めない」の理由は

「今日の夕飯何にしよう・・・」と考え始めたらまずレシピ検索から始める、というパターンが多いかもしれません。

それでもいいんですが、知っておきたいのは、レパートリーを増やす=手持ちレシピを増やす、ということではないということ。

「レシピ」や「メニュー」という「点」で捉えるよりも、「食材の使い回し」といった「線」で考えることでレパートリーは増えていきます。

食材から連想する考え方に切り替えよう

ではどうしたら「線」で考えられるようになるかというと、

まずは頭で食材から連想する

という方法です。

  • 手持ちの食材を確認する(野菜・肉・魚など)
  • ジャンル・調理法・味付けなどで食べたい方向性を決める

この2ステップに分けて方向性を決めてから、必要あればレシピ検索をします。

同じ食材でも「今日は炒めて明日は煮よう」とか「今日は和食にして明日はこの食材で洋食を作ろう」という風に展開していくことができます。

たとえばキャベツを1玉買ったら、今日はホイコーロー、明日はコールスロー、何日か後にポトフかロールキャベツかな~という感じです!
で、残ったキャベツは千切りにして揚げ物に添える、という流れにしてます

キャベツ以外にもう1つご紹介すると、たとえばなすの場合、

  • 和食なら→なすの揚げ煮浸し
  • 洋食なら→トマトソースにしてパスタに
  • 中華なら→マーボーナス
  • 東南アジアなら→グリーンカレー

という感じでしょうか。

レパートリーを増やすのに大事なのは実は「レシピ」ではなく、「食材をどうするか」「その食材でどんなジャンルの料理を作るか」です!

この考え方にすることで、同じレシピ検索でも「賢い検索」ができるようになります。

スポンサーリンク

レストランやデパ地下にあるメニューを観察しよう

レストランやデパ地下に行くことがあったら、そこでちらっとメニューを観察するのもレパートリーを増やすひとつの手です。

実際に同じものを作るかどうかは別として、「食材をこういう風にするのね」と他人の頭の中を覗く気分で見ることができます^^

メニュー観察のためにわざわざデパ地下に行ったりはしないですが、立ち寄ったらコロッケの中身やサラダの組み合わせを観察します★

また、居酒屋さんに行った時のメニューを見るのもおすすめ。

すぐに作れる一品がたくさん並んでいるので、「+1品」のお勉強にもなります。

主婦などで居酒屋に行く機会がなければ、ネットで知ってる居酒屋さんのメニューを見ればOK!

ぜひやってみてください。

旬の食材を楽しもう

いまは年中色んな野菜が売っているのでとても便利ですが、旬を意識すると夕飯に変化が出ておすすめ!

  • 春なら→春キャベツやアスパラ、たけのこ
  • 夏なら→オクラ、ズッキーニ
  • 秋なら→れんこんやさつまいも
  • 冬なら→大根、かぶ

といったように、年中見る野菜でも「旬」があります。

「毎回買う野菜」・「(旬に合わせて)たまに買う野菜」を分けるだけで、使う食材に変化が出るのでレパートリーが増えていきます。

参考までに、我が家の場合・・・

常時ストックしておく野菜:
にんじん・玉ねぎ・キャベツ・トマト・長ねぎ・グリーンリーフ・小松菜・なすなど
旬に合わせたりたまに買う野菜:
たけのこ・白菜・れんこん・ズッキーニ、菜の花、アスパラなど

せっかくスーパーにたくさんの種類が置いていますから、そういえばあまり使ったことないな・・・という食材にも目を向けてみましょう!

先ほどご紹介したデパ地下は旬のメニューがたくさん出ているので、旬を知るのにぴったりですよ^^

基本の調味料を中心に使おう

レパートリーを増やすためには、市販の便利調味料頼りから卒業することも大事です。

便利な調味料がたくさんあるからラクしようとついつい手が伸びてしまう・・・けど、レパートリーを増やしたいなら、基本の調味料をベースに料理をしていきましょう。

基本の調味料とは、

  • さ:砂糖
  • し:塩
  • す:酢
  • せ:醤油
  • そ:味噌

聞いたことあるかもしれませんが「調味料のさしすせそ」です。

このほか、酒(料理酒)、みりん、オリーブオイル、ごま油、白だし、オイスターソース、マヨネーズ、ケチャップなど基本の調味料があれば味付けにはほぼ困りません。

便利調味料は本当に便利なんですけど、持ってる本数=味付けの種類になりがち。

基本の調味料を使うようにすると、組み合わせや割合を変えることで味付けが無限にできますし、家族に「え!これお母さんが作ったの?」と喜ばれますよ!

基本の調味料と家にある材料でごまだれも、冷やし中華のしょうゆタレも、デミグラスソースも作れますよ!
スポンサーリンク

まとめ&料理のレパートリーを増やすコツ【番外編】

いかがでしたか。

この記事では、「料理のレパートリーを増やすには?困らなくなる4つのコツ」についてお伝えしました。

レシピを探すよりも、食材から連想する「線」で捉えることで、少しずつレパートリーが増えていきますよ。

参考にして頂けたら嬉しいです!

「線」で考えるのが難しい・・・と思ったら

いやいや、線で考えろって言われても・・・という方は、サービスを利用するのもひとつの手です。

現代は安全を考えた野菜や、忙しいお母さんのための宅配サービスが普及しつつあります。

その中で、献立を考えずに済むサービスがoisix(オイシックス)の献立キット「サクッとOisix」。

2400万食以上売れた人気セットです。

  • 20分で主菜と副菜ができて、かつ「美味しい!」と言われる
  • 自分はごはんとお味噌汁用意すればOK
  • アプリでサクッと注文して1週間、違うメニューが出せる

といったメリットを手にすることができます。

初回は3日間体験セットが50%オフの1980円で楽しめるので、一度試してみてもいいかもですね!

↓↓

オイシックス「サクッとOisix!」献立キットの公式ページを見てみる



スポンサーリンク