ソーダストリームV2V3&全機種違い解説!一番コスパがいいのはこれ!
ソーダストリームのV2とV3って何が違うの?

ソーダストリームでコスパがいい機種はどれ?

↑当記事ではこんな疑問にお答えします。

手軽に炭酸水が作れるということで愛用者が増えているソーダストリームですが、V2・V3の違いは何なのかや、コスパ的にはどれがいいのかをすっきりさせたいですよね。

ざっくり結論を言うと、

  • V2・V3には旧モデルと現モデルがある
  • 旧モデルのV2・V3は現在は色の違いのみ
  • 現モデルのV2・V3の違いは付加機能があるかないかであり、出来上がりの炭酸水に違いはない
  • コスパがいい機種はどれ?→維持する面ではどれもあまり差がないが、機種だけで言うとV2とV3の中間機種「スピリット」が値段に対してコスパ(スペック)が良い

といった感じです。

様々な機種があるので、V2・V3の比較をはじめ、

  • それ以外の機種の特徴
  • 1番安いので十分?
  • ちょっと奮発して機能をつけた方がいい?

といった迷いが解決できるよう、それぞれの機種の特徴やメリット・デメリット、選ぶ基準についてまとめました。

それでは見ていきましょう!

>>ソーダストリーム公式サイト

※期間限定のスターターキットもあります

ソーダストリームV2V3の違いは?

ソーダストリームの中でV2もしくはV3が名前につく機種は4つあります。

  1. ジェネシスV2
  2. ジェネシスV3
  3. ジェネシスデラックスV2
  4. ソースV3

混乱しそうですが、冷静に比較していきましょう~。

さてこのうち、

  • 1・2番目のジェネシスV2・ジェネシスV3は旧モデル
  • 3・4番目のジェネシスデラックスV2とソースV3は現モデル

といった違いがあり、さらに分けていくと、

  • 旧モデルのジェネシスV2・ジェネシスV3は現在は色の違いのみ
  • ジェネシスデラックスV2は手動タイプのベーシックモデル
  • ソースV3は手動タイプの最上位モデル

という特徴です。

旧モデルのV2・V3は色の違い、現モデルのV2・V3は付加機能があるかないかの違いなのです!
ソーダストリームを買うにあたり「本当に一番安いのでいいんだけど」ということであれば、旧モデルのV2・V3で決まりです。

ここから先の違いを読む必要はありません^^

なお旧モデルV2・V3の値段は9000円(税抜)で、旧モデルのジェネシスV2はホワイト、ジェネシスV3はブラック。

ベーシックタイプの現V2より3000円ほどお安く購入できます。

→旧モデルのジェネシスV2・ジェネシスV3の商品は公式サイト内の以下のページにあります:
>>ジェネシスV2(ホワイト)のページへ

>>ジェネシスV3(ブラック)のページへ

※なくなり次第販売終了となるので、少しでも安い機種を買いたい場合は早めの購入がおすすめ。

現モデルV2V3の違いは付加機能があるかどうか

では現モデルのジェネシスデラックスV2とソースV3の違いは何なのかというと・・・、

  1. 炭酸強度がわかるLEDライトがあるかないか
  2. 自動ガス抜き機能があるかないか
  3. ワンタッチでボトルがはめられるスナップロック機能があるかないか

といった3つの便利機能があるかないかという点です。

これら3つの付加機能が現モデルのソースV3に備わっています。

逆に、現モデルのジェネシスデラックスV2や旧モデルは、こういった+α機能が付いておらずシンプルに炭酸水を作る機械なわけですね!

できる炭酸水は同じ

全体としてソーダストリームには手動タイプ・電動タイプがあるんですが、現モデルのV2・V3だけでなくどの機種も、実は出来上がりの炭酸水に変わりはありません。

出来上がりの炭酸水に変わりがないことについては、公式サイトに記載がありました。

↑ソーダストリーム公式サイトhttps://www.sodastream.jp/contact/より引用

  • V3:手動モデルの上位版で3つの機能がついている
  • V2:手動モデルのベーシック

V2とV3は、機能がついているかいないかの違いで、炭酸水の出来上がり具合は同じなんですね〜!

現モデルのなかで機能は必要最低限でよし・安く買いたいということであれば、現モデルのジェネシスデラックスV2で決まりますね。

↓↓現モデルジェネシスデラックスV2の公式サイトページへは画像をクリック

ソーダストリームジェネシスデラックスV2のメリットデメリット

ソーダストリームはいくつか機種がありますが、まずは現モデルのV2「ジェネシスデラックス」を選ぶメリットデメリットを見ていきましょう。

V2のメリット:手軽な値段

V2のメリットは、手ごろな値段で買えるという点です。

  • 本体料金12000円+税
  • 1回2000円~のガス交換費用

現モデルの中で本体価格が一番安いです。

12000円という手ごろな価格で

  • 出来たての炭酸水が飲める
  • 炭酸水を買いだめする手間とサヨナラ

が手に入るのは嬉しいですよね!

水さえ冷やしてストックしておけば、いつでもできたての炭酸が飲めるのは魅力的です。

ペットボトルだと500mlあたり100円前後だけど、ソーダストリームなら500mlあたり約18円!(※公式サイトのデータ)

ペットボトルを買いだめしたり捨てたりする手間から解放されると思うと、よりお得に感じるのではないでしょうか!

V2のデメリット:付加機能がない

V2はベーシックモデルなので、LEDや自動ガス抜き機能など便利な付加機能はありません。

他の機種のようにボトルをワンタッチではめるのではなく、自分でねじって入れるため、ちょっとした手間がかかります。

けども、

  • 炭酸水を買いだめせずに、飲みたいときに飲めればOKな場合
  • そこまで頻繁に使わないけど炭酸水を手軽に飲みたい場合
  • 予算を抑えたい場合

ということであれば、V2で十分でしょう。

V2が向いているのはこんな人!

ソーダストリームのジェネシスデラックスV2が向いている人はこんな人と言えます。

  • 予算を抑えてソーダストリームを購入したい方
  • ボトルや本体のおしゃれ感はそこまで求めない方
  • ベーシックな機能がついていればOKという方

など。

あなたがこの点に当てはまるようでしたらV2が合っているでしょう。

V2のデータ
  • 値段:初期備品がついて12000円(税抜)
  • 大きさ:幅約13.5cm×奥行約23.5cm×高さ約42cm
  • ソーダストリーム全機種の中で一番ベーシック
  • 炭酸が作れればOK、ということであれば問題ない。

>>ベーシックモデルでOKならV2で決まり

↓↓現モデルV2の公式サイトページは画像をクリック

ソーダストリームソースV3のメリットデメリット

次にソーダストリームの現モデルV3「ソースV3」を選ぶメリットデメリットをご紹介します。

先にまとめて言うと、

  • メリット:便利な付加機能がある
  • デメリット:付加機能はあるけど、できあがりの炭酸水はV2と変わらない

といった点です。

V3のメリット:便利な付加機能がある

ベーシックモデルのV2と異なり、便利な付加機能があるのがソースV3の特徴です。

  1. LEDライト付きで炭酸水の強さがひと目でわかる
  2. 自動ガス抜き機能がついているので手間がかからない
  3. V2よりもボトルの着脱がラクにできる(スナップロック機能)

というようにV3は、ベーシックモデルのV2に便利機能が備わったバージョンです。

LEDライト機能は、これがついていることでどのくらいの強さの炭酸になっているかがひと目でわかるようになっています。

使っている動画があったので、引用紹介しますね。

↓↓

この機能があると、ボタンを押し続けるだけで、炭酸を好みの強さにできます。

そのため「毎回強い炭酸を簡単に作りたい」という場合は、LED機能があると、都度調整する手間が省けて便利ですね!

ちなみにV2含め他の手動機種は、好みの炭酸になるまで1秒ずつボタンを繰り返し押していきます。

スナップロック機能と自動ガス抜き機能については、他の機種にもついているのでのちほど詳しくご紹介しますね。

V3のデメリット

V3は便利機能搭載ということがわかりましたが、デメリットは、

  • 出来上がりの炭酸水については、他の機種と変わらない
  • 機種自体の大きさはベーシックのV2とそこまで変わらない

といったあたりで、つまりは「付加機能があるだけで値段が違う」という点です。

出来上がりの炭酸水が変わらないのはV2とV3の間だけでなく他の機種も同じなので、選び方のポイントはどんなプラスα機能が欲しいかという点になります。

V3がおすすめな人

ソースV3はどんな人に合っているかというと・・・

  • 炭酸水を頻繁に飲む方(3つの付加機能で手軽に炭酸水を作ろう)
  • ちょっとした手間を省いて炭酸水を作りたい方
  • 本体がちょっとおしゃれな感じがいい方

実はソースV3はプラダの香水なども手がける有名デザイナーさんと共同開発したデザインなので、V2よりも見た目がカッコイイです♪

付加機能を付けつつ、外観にもこだわりたい方はソースV3が合っているといえます。

V3のデータ
  • 値段:初期備品がついて19000円(税抜)
  • 大きさ:幅約12.4cm×奥行約23.3cm×高さ約42.3cm
  • 電源は不要(テーブルにも気軽に置ける)
  • +α機能で便利に使いたく、かつ電源なしタイプを好むならこちら

>>好みの炭酸水が作りやすい便利機能搭載はソースV3モデル

>>ソーダストリーム公式サイト

↓↓画像クリックするとソースV3の公式サイトページに飛べます

ソーダストリームその他機種の違いは

よく比べられるV2とV3の違いに続いて、他に4機種の違いも一緒に見ていきましょう。

V2とV3以外の機種の名前は:

  • スピリット
  • スピリット ワンタッチ
  • ソースパワー
  • ミニデラックス

です!

スピリットの特徴:スリムな手動タイプ

スピリットはV2たV3よりもちょっとスリムボディになったタイプ。

  • 本体がスリムな方が嬉しい
  • 現モデルV2・V3どちらがいいか決めかねている
  • 「人気機No.1機種」がいい

という方に向いています。

スピリットは位置づけで言うと、V2とV3の中間の機種。

なのでV2とV3どっちがいいか決められないッ!という方には間を取ったこのスピリットがおすすめです^^

↓↓スピリットを購入した方の感想があったので、ご紹介しますね。

手動タイプで電源不要なので、置く場所に困らないのも嬉しいですね!

  • ソーダストリーム スピリット スターターキット:14000円(税抜)
  • 大きさ:幅約13cm×奥行約18.5cm×高さ約42cm
  • 手動式なので電源不要
  • ワンタッチでボトルが着脱できる

 

スピリットワンタッチの特徴:スリムな電動式

スピリットワンタッチは、スピリットシリーズの電動タイプ。
電動になると、炭酸の強さをボタンで選んで作ることができるようになります!

ボトルをはめたらあとは好みの強さの炭酸水がワンタッチで作れるので便利ですね!

ソーダストリーム スピリットワンタッチ スターターキット:19000円(税抜)

  • 大きさ:幅約13cm×奥行約18.5cm×高さ約42cm
  • 電源が必要
  • 炭酸強度を選べる
  • ワンタッチでボトルが着脱できる

ソースパワーの特徴:電動式最上位モデル

  • ソーダストリーム ソースパワー スターターキット:29000円(税抜)
  • 大きさ:幅約12.4cm×奥行約23.3cm×高さ約42.3cm
  • 電源が必要
  • 炭酸強度が選べる
  • ワンタッチでボトルが着脱できる
  • おしゃれデザイン

ソースパワーはソーダストリーム電動式の最上位モデルです。
スピリットワンタッチと何が違うかというと、調べた限りでは「デザイン性」。

ラグジュアリーなメタル素材を使っているので、外観がおしゃれ。

機能だけでいえばスピリットワンタッチとほぼ同じですので、

  • 何かのご褒美で奮発したい気分
  • 予算がある
  • デザイン性は重視したい

など、機能以外のところに理由がある場合は、この最上位モデルですね。

なお、この最上位モデルを使っている方の感想がありましたので引用紹介します。

↓↓

 

ミニデラックスの特徴:最小の手動タイプ

ソーダストリームのミニデラックスは名前の通り、ミニ版です。

  • ソーダストリーム スピリット スターターキット:14000円(税抜)
  • 大きさ:幅約13cm×奥行約18.5cm×高さ約42cm
  • 手動式なので電源不要
  • ワンタッチでボトルが着脱できる

ソーダストリームのミニデラックスは最小モデルなのが特徴です!

サイズが最小ながら、他の機種と同じように炭酸水が作れます。

ネックなのは、ガスシリンダーが他の機種と違うサイズであることと、使えるのが500mlボトルのみという点ですね。

他機種のガスシリンダーは60Lサイズなのに対し、ミニデラックスは25Lとなっています。
けども、V2にはない、ボトルを楽にはめられる「スナップロック機能」がついているので、
  • 部屋が狭いが、ソーダストリームを置くことを検討している
  • 小さめサイズを好み、ボトルをラクにはめられる方がいい
  • ガスシリンダーの交換を店舗でする予定がない

という方には向いています。

※ソーダストリーム本体のみの販売はないので、スターターキットを選んでOKです^^

>>ソーダストリーム公式サイト

ソーダストリーム機能のよくある質問

ここまででソーダストリームV2・V3の違いや他機種の特徴をお伝えしましたが、それでもやっぱりどれがいいのか選ぶの難しいと思ってる方もいらっしゃるのでは。

ということで、ソーダストリームの機能について、こちらで「よくある質問」としてまとめました。

どの機能が必要か、比較の参考にしてください^^

手動タイプと電動タイプ、どちらがいい?
電動タイプになると炭酸強度が選べるようになります。
一方手動タイプで強炭酸水を作る場合、何度かボタンを押す必要がありますが、コンセントの場所問わず置けるメリットがあります。
・手動なら、食事するテーブルにも置けて手軽
・電動なら、炭酸の強さを選んで作れる(手動はボタンを押す長さ・回数で調整する)
という違いなので、あなたの家にはどちらがフィットするか?で決めるといいですね!
自動ガス抜き機能は必要?
自動ガス抜き機能がついていると少しの手間が省けます。
個人的にはなくてもいいかなと思っていましたが、実際に「スピリット」を使用してみるとガス抜き機能があると便利、という印象でした!

↓他の方も、ガス抜き機能便利という方がいらっしゃいました。

スナップロック機能は必要?
炭酸水を頻繁に飲む予定の方はスナップロック機能があると便利です。
スナップロック機能があると、ワンタッチでボトルを装着できるメリットがあります。
この機能がない場合、ボトルをネジのようにくるくる回して装着します。

↓スナップロック機能が付いている方の感想です。

ボトルがねじ込み式じゃなくてワンタッチでつけられるスナップロック機能付きなので楽ちんですー(真冬以外、かなりヘビロテ)

ツイッター@sadamaticさんより

公式サイトにあったレビューを参考にすると使用頻度が週3回程度ならスナップロック機能なくても不便しないかも。

↓↓

他のモデルは本体やボトルの形がオシャレなのと、ボトルをはめ込むのが簡単です。
でも別にボトルをネジのようにクルクル入れるだけなのでこれも別に不便じゃないです。
安いしこのモデルで満足かな?
週に3回くらい炭酸水飲んでます。

https://www.sodastream.jp/products/detail.php?product_id=84・公式サイトV2の口コミ欄より引用

けど個人的には「スピリット」を使った際、スナップロックある方が便利と思いましたよ!

LED機能は必要?
LED機能があると、ボタンを押し続けるだけで炭酸を好みの強さにできるので毎回強炭酸を手軽に作りたいという方はあると便利です。
ただ、これがなくても強炭酸にすることはできるので、かっこよさを求めるかどうかで変わってきます。

ソーダストリーム、コスパがいい機種はこれ!

機種によってちょっとした違いがあるので迷ってしまいますが、結局、炭酸水の仕上がりはどの機種も変わらないため、維持する面では、コスパの良し悪しはそこまで差がないということになります。

でも、いろいろ調べてみて、機種の値段に対して機能がいいと思ったのは「スピリット」ですね!
「スピリット」はV2の値段に+2000円で本体がスリムになり、ボトルもはめやすくなり、
「スピリットワンタッチ」は、V3と同じ値段で電動タイプが売っており、炭酸強度が選べるからです^^

最安値を狙うならV2ですが、値段と機能の比較でコスパがいいのはスピリットシリーズといえます。

なお、スピリットは人気No1モデルだそうですよ♪

>>ソーダストリーム・スピリット(手動)ページはこちら

>>ソーダストリーム公式サイト

※本体のみの販売はないので、スターターキット購入でOKです^^

まとめ

この記事では、ソーダストリームについて、V2・V3の違いをはじめ、全機種の違いについてお伝えしました。

まとめると、

  • 機種名にV2・V3がつくものは全部で4種類
  • そのうち2種類は旧モデルで違いは色だけ
  • 残りの2種類は現モデルで違いは3つの付加機能があるかどうかとデザイン性
  • コスパは維持する面ではどれもほぼ同じ、本体購入でのコスパは、V2とV3の中間「スピリット」が良い
  • ちょっと高い機種はデザインがかっこよくなっているので見た目の問題

といった内容です。

なお、V2V3の中間機種「スピリット」は機能がほどよくて、夫も「これはいい!」と感激していたので、迷ったらスピリットがおすすめです♪

>>ソーダストリーム・スピリット(手動)ページはこちら

以上参考にして頂けたら嬉しいです。

お読みいただきありがとうございました!

>>ソーダストリーム公式オンラインショップはこちら
↓↓画像クリックでも公式オンラインショップに飛べます

>>ソーダストリーム公式サイト

※全機種がわかりやすく並んでいます