唐揚げの衣がはがれてドロドロ?うまくつかない原因と対処法!




唐揚げの衣がドロドロにはがれてうまくつかない・・・原因は?

みんな大好き夕飯定番メニューの唐揚げ。

しかしいざ作ってみると、唐揚げの衣がドロドロにはがれるといった悩みに遭遇することも。

そこでこの記事では、唐揚げの衣がうまくつかない原因と対処法をご紹介します。

唐揚げがうまく作れないという方はぜひ参考にしてくださいね!

それではどうぞ。

スポンサーリンク

唐揚げの衣がはがれてドロドロ?うまくつかない原因と対処法

唐揚げの衣がはがれてドロドロになる場合、原因は以下の4つが考えられます。

  • 鶏肉を漬けていた調味料の水分をちゃんと切っていない
  • 衣をつけてからすぐ揚げている
  • 油に入れた後、箸などですぐ触っている
  • 油の量が少ない

どれか思い当たるものありますか?

それぞれの原因の詳細とそれに対する対処法をお伝えしますね!

水分を切ってから衣をつけよう

まずひとつめの原因「鶏肉を漬けていた調味料の水分をちゃんと切っていない」ですが、調味料の水分がついたまま衣をつけるとべちゃべちゃになり、衣が重くなります。

その重みで衣がはがれてしまう原因になってしまいます。

また、水分を切らずに揚げると油が跳ねる原因にも。

ちょっと手間でも、調味料の水分をしっかり切ってから衣をつけましょう!

ホーリー
調味料の濃さにもよるけど、15分くらい漬ければ、水分切っても味は残りますよ~!

衣をつけたら少し待とう

次の原因は、「衣をつけたらすぐ揚げている」ということ。

衣をつけたらすぐ揚げないとサクッとしない気がしますが、実はそんなことはありません。

むしろ、衣をつけたら少し(5分程度)待って衣を落ち着かせることが重要なんです。

衣を落ち着かせてから揚げることではがれにくくなるので、ぜひ試してみてくださいね。

ホーリー
待たずに衣つけたらすぐ揚げる方が上手にできそうだけど、実は逆なんです~!
スポンサーリンク

油に入れたあと触らずに待とう

衣がドロドロにはがれる原因は、揚げ方にもあります。

油に入れたあとすぐに触ってしまうのはNG。

揚げ物は、油に入れたらしばしの間(目安:1分程度)触らないのが鉄則です。

唐揚げを油に入れたらまずは落ち着きましょう!

油は適量使おう

カロリーのことや油の処理を考えると、たくさんの油を使うのを躊躇してしまいますよね。

しかしながら、私がいろいろ試した結果、油をある程度使った方が上手に揚げることができるという結論にたどりつきました。

少なめ油での揚げ焼き、オーブンの唐揚げ機能を使う、フライパンで揚げる・・・などを経ましたが、結局は天ぷら鍋に油たっぷり入れて揚げるのが一番上手にできますね!

ホーリー
おすすめはフライパンよりも、片手鍋で揚げること!
深さがある方が上手に揚げられます★
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

この記事では、唐揚げの衣がドロドロにはがれる原因とその対処法についてお伝えしました。

失敗しても落ち込まずに原因とコツを把握して次に活かしてくださいね。

ホーリー
唐揚げを作る工程それぞれの意味を理解すれば、絶対美味しいものが作れます!

参考にして頂けたら嬉しいです。

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク