サラダチキンを作ってみたいけど、ジップロックがないとダメ?
ジップロックなしでサラダチキン作りたいなぁ

この記事では、ジップロックなしでサラダチキンを作る手順を紹介します。

このところ流行している、サラダチキン。

食品メーカーやコンビニが様々な味付けで商品を出していますが、トリムネ肉自体はスーパーで安く買えるので、ネットレシピもたくさん公開されています。

ですが、ほとんどはジップロックを使った加熱方法。

この記事を読めば、ジップロックではなく、だいたいの家庭にある、あの身近なものでサラダチキンを作れることがわかります。

画像付きで注意点も紹介するので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

結論:ラップを代用してサラダチキンが作れる!

ジップロックの代わりとして使うものが、ラップです。

ラップをうまく使って加熱すれば、ジップロックを使っての加熱とほぼ同じようにサラダチキンが完成します。

いや、むしろ遜色ありません。

なぜ普通のビニール袋じゃダメなのか?

最初、ジップロックの代わりに普通のビニール袋を使ってサラダチキンを作ろうと思っていました。

キューちゃん
ビニール袋を2重にすれば代用できるっしょ!

ところが、ビニール袋は耐冷ではあるが、耐熱ではないということがパッケージを見て判明。

耐冷温度しか表記がないんですね~。

加熱中にビニール袋が溶けてトリムネ肉にくっついたら困るなぁと思い、ビニール袋2重にする作戦は諦めました。

耐熱で、かつ食品を覆えるものって何だろうと考えた

ビニール袋がダメそうなら、耐熱で食品を覆えるものが他にないだろうか?と考えた結果出てきたのが、ラップです。

でもジップロックと違って密閉性はありません。

なので、次の点を気をつけて加熱しました。

おそらく大丈夫だとは思いますが、お手持ちのラップの耐熱温度が100℃以上であることを確認してから使ってください。
(沸騰させたお湯に入れるので、100℃以上は必須)
ちなみに百均(ダイソー)で売っていたものは耐熱110℃なのでクリアです。

ラップを使う注意点:トリムネ肉の形に沿ってきっちり巻く

トリムネ肉の加熱中に水分が浸入したら困るので、写真のようにトリムネ肉の形に沿ってラップをきつめに巻きます。

トリムネ肉の形に沿っていれば、巻き方は問いません。

形に沿ってラップを巻きつけることで、加熱中に水分が入るのを防ぎます。

ラップは2重に包もう

トリムネ肉の形に沿ってラップを巻きつけたら、さらにもう1回、同じように巻きます。

そうすることで、仮に加熱時の水分が浸入してきても外側のラップで阻止できるようにします。

心配だったら3重でもいいと思いますが、あまり巻きすぎると今度は熱が通らないので2重か3重で良いでしょう。

結論から言うと、2重でも水分の浸入はありませんでした!

いざ加熱!ジップロックとラップで比較してみた

ジップロックで加熱した場合と、ラップで代用した場合は何か違いがあるのか比べるため、同時に加熱してみました。

わかりやすいように、通常の塩で味付けしたものはジップロックへ、マジックソルトで味付けしたものはラップに包んでいます。

ちなみにビニールで包んだバージョンはふくらんでいるように見えますが、水は入ってきていませんよ^^
お湯が沸騰したら火を止めて静かに包んだトリムネ肉を入れます。
これで放置すること2時間。
これでOK!
2時間後、取り出した状態が以下の写真です。
ジップロックは密着している感があり、さすが!
お湯に浸かっていた影響か、ラップは若干形が崩れていますが、2重にしてあるのでトリムネ肉に影響はない模様です。

完成形はほぼ変わらず!

ラップで巻いたバージョンの完成形はこちらです。

サラダチキンのようになってマス!

ジップロックバージョンと比較してみましょう。
比べてみると、なんとなくジップロックのほうが形がきれいな気がします。
ですが、食べてみると食感はほぼ変わりません!
どちらもしっとり~^^
ラップで代用しても問題ないといえます。

まとめ

いかがでしたか。

今日は、ジップロックを使わずにサラダチキンを作る方法をご紹介しました。

実際に作ってみてラップでも問題ないことがわかったので、

  • トリムネ肉にしっかり巻きつける
  • 2重に包む

ということに気をつけて試してみてくださいね!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

料理関連の記事はこれがよく読まれています

今回と似たような記事に、無水カレーをトマト缶で作ってみたというのがあります。よかったらご覧ください。

 

スポンサーリンク