独身時代に聞きたかった言葉がいっぱい・・・

2018年7月期・日テレ系で放映される連続ドラマ、サバイバル・ウェディング。

主人公の黒木さやかが、勤務先rizの編集長・宇佐美に突きつけられた条件、「半年以内に結婚しろ」。

宇佐美は自分大好きな変人キャラですが、高級ブランドのマーケティング理論を恋愛に持ち込み、さやかの恋愛を徹底指導します。

ここでは、そんな宇佐美から出てくる名言やグサッとくる発言をわたしの独自目線でまとめていきます!

これらの名言・発言により、さやかが少しずつ変化していくのがおもしろいんですよ^^

名言1、お前がエルメスくらい価値を高めれば、男なんて余裕ってことだ

さやかは出版社を寿退社した日に、婚約破棄をされます。

そこで出版社に復職を相談し配属されたのが、宇佐美がいるriz編集部ということなのですが、初対面の日からいきなりグサグサと言われます。

なぜお前が男に捨てられたかわかるか?それはな、お前の市場価値が相対的に低いからだ

いきなりそんなこと言われたら泣いてしまう・・・(笑)

宇佐美はこのように説明しています。

エルメスのバーキンが百万円だったら買うやつがいるかもしれないが、ユニクロのバッグが百万円だったら誰も買わない。

バッグと同じように、男も無意識のうちに女の価値を計算しているんだ。

男はな、いい女なら金も労力も惜しまない。プレゼントが欲しいと言われればプレゼントをするし、迎えに来いと言われれば迎えに行く。

逆にどうでもいい女には何も提供しない。

お前の男は、お前に結婚という代償を払う価値がないと判断したんだ。

これを対面で言われたら怒りがこみあげてきそうですけど(笑)、冷静に考えればそうかもしれない・・・と妙に納得してしまいます。

ここで出てくる高級ブランド理論は「エルメス」

サバイバル・ウェディング、宇佐美の恋愛指南には、高級ブランドのマーケティング理論やブランディング理論が織り込まれています。

ここで出てくる理論は、エルメスについて。

エルメスはセールをしないし、全て自社生産をしてアウトレット品を出さない。予約してから一年待つほど生産量を制限する。

バッグに価値を持たせるために、ショーウィンドウの見せ方からアフターサポートまであらゆる企業努力をしているんだ。

そうなのか!と勉強になります^^

名言2、男が喜ぶことをするんじゃなくて、男の脳が喜ぶことをするんだ

さやかと婚約破棄した元彼・和也は、別れて少ししてからさやかに連絡を入れます。

そこでさやかは連絡する、と宇佐美に相談したところ、待てをかけられます。

「自分のやり方でやりたい」と反抗したさやか。

私だって彼のためにいろいろしました。仕事が忙しいっていうから電車で一時間かけて家まで行ってあげたし、いつも部屋の掃除してあげてたし・・・

すると宇佐美からこんな言葉が出てきます。

それはな、顧客のニーズを満たしているんじゃなくて、顧客の言いなりになっているんだ。

男が喜ぶことをするんじゃなくて、男の脳が喜ぶことをするんだ

言いなりになっていないつもりでも、こういう経験がある女性って決して少なくはないんじゃないでしょうか。
スポンサーリンク

名言3、いかなるときも自分にだけは愛を注がなければならない

再会をきっかけに、和也は体を求めてきます。

それに応じてしまったさやかはやっぱり和也のことが好き、今のままでいい・・・ボロボロになるまで振り回されるのが恋愛だと思う、と本音を宇佐美に打ち明けます。

すると宇佐美は、ルイ・ヴィトンのマーケティングを取り上げながら、さやかに質問します。

お前は、自分が好きか?

何かドキッとしますね・・・宇佐美はこう続けます。

いかなるときも自分にだけは愛を注がなければならない。

自分を愛するということは、自分を甘やかすことじゃない。

自分を愛すれば、時間を無駄にすることはないし、自分を磨くことができる。

自分を傷つけることもなければ、自分の体を大切にする。

お前が体だけの関係を続けているのは、自分への愛が足りないからだ

バッグは代わりがいくらでもあるが、お前の体はこの世にたった一つしかない。お前自身が愛を注いでやらないでどうする。

 

まとめ

変人全開の宇佐美ですが、実は部下思いのいいやつ。

そんな宇佐美の、高級ブランド理論を取り入れた恋愛戦略は、果たしてさやかの婚活を成功させるのでしょうか!?

どこまで原作がドラマに反映されるのか、楽しみですね^^!

サバイバル・ウェディングに関するほかの記事

サバイバル・ウェディングに関して、ほかにも記事を書いておりますので、よかったらご覧ください^^

憧れる年下男!サバイバルウェディングの柏木祐一はどんな人?

サバイバルウェディングの主題歌を歌うC&Kについて

スポンサーリンク