「平成」と書かれた手形や小切手はいつまで使えるの?

「平成」と書かれた手形や小切手は今は買わない方がいい?

新元号が発表され、2019年5月1日から令和になりますね!

そこで疑問になるのが、「平成」と書かれた手形や小切手は「令和」になったあとも使える・使えないどちらなのか?]/marker]ということ。

現金相当のものですから、気になりますよね!

そこでこの記事では、「平成」と書かれた手形や小切手はいつまで使えるのか調査した結果をシェアします。

まさか、2019年4月30日までに使わなきゃいけない・・・なんてことないですよね!?

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

「平成」と書かれた手形や小切手はいつまで使えるの?

都市銀行の三菱UFJ銀行のサイトによると、「平成」と書かれた手形や小切手は「令和」になったあとも問題なく使えるとのこと。

平成の表記のまま問題なく使え、自動で新元号に読み替えて取り扱うそうです。

よかった~!2019年4月30日までに使わなきゃいけないというわけではないんですね!

「平成」と書かれた手形や小切手は訂正する必要はある?

「平成」と書かれた手形や小切手がそのまま使えるのはわかりましたが、次に出てくる疑問が、訂正しないといけないのか?という点ですよね!

これについては、自動で新元号に読み替えて取り扱うため、交換したり訂正する必要はないとのこと。

「平成」表記のまま安心して使ってくださいね。

「令和」になったあとに平成表記で使う場合は「平成31年」と書けばOKです(※2019年の場合)

自分で「令和」に訂正しちゃった!使える??

「平成」表記のまま使えることを知らずに、自分で「令和」に訂正しちゃった!という場合もありますよね。

平成のまま使えるのに、自分で訂正してしまった手形や小切手はどうなるのかというと・・・これも、問題なく使えます。

その場合は、

・「平成」に二重線を引き、令和と書く

訂正印は不要

ちなみに、「令和」と表記された手形や小切手が発行されるにはある程度の時間が必要なため、2019年5月1日以降、すぐに出てくるわけではないようです。

まとめ

いかがでしたか。

この記事では、「平成」表記の手形や小切手はそのまま使えるのか?という点についてお伝えしました。

2019年5月1日以降も無事に使えるということでひと安心ですね!

参考にしていただけたら嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク