運転免許証が令和になるのはいつから?平成を変更しにいく必要はあるのか解説!

新元号が令和になったけど、運転免許証はいつから令和になるの?

免許証の平成の表記は変更しにいかなきゃいけないの?

2019年5月1日から新元号「令和」になり、気になるのが、運転免許証の表記。

この記事では、

  • 運転免許証は平成のままでもいいの?変更する必要はある?

という疑問を解決していきます。

先に結論を言うと、次の更新までは平成のままでOKで、自分の希望で令和表記にすることはできません。

続きでは上記の結論を少しだけ詳しくお話ししますね。

スポンサーリンク

運転免許証が令和になるのはいつから?逆に平成はいつまで?

運転免許証が「令和」の表記になるのは、2019年5月5日の交付・更新から

2019年4月28日までの交付は平成表記になっており、すでに持っている免許証が平成表記であってもそのまま使えます。

ゴールデンウィークがある関係で、平成最後の免許証は2019年4月30日ではなく4月28日。
また、令和最初の免許証は5月1日ではなく、5月5日でした。

スポンサーリンク

運転免許証は平成のままでもいいの?変更する必要はある?

しばらくは大半の人が、平成の表記の免許証を持つことになるわけですが、令和の表記に直しに行く必要があるかというと・・・ありません!平成のままでOKです。

むしろ、個人の希望で平成から令和に直すことはできません。

また、計算しにくいからって自分で「令和」と書き直したりすると注意されてしまう恐れがあるので、しないようにしましょう。

次の更新の際に、自動的に令和になって新しい免許証になるので、何もしなくてOKです。

わたしも「平成32年まで」表記の免許証をそのまま使っていて、先日の更新の際、令和表記になって新しいのが来ました~!

平成最後の免許証が2019年4月28日だったので、平成34年表記までは存在することになりますかね。

あと数年は、平成と令和表記が混在することになりますね。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、

  • 令和表記の免許証は2019年5月5日から交付
  • 平成の表記のままでも免許証はそのまま使える
  • 個人の希望で令和に変更することはできない

というのが、運転免許証の令和事情でした。

参考にしていただけたら嬉しいです。

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク