スタバ福袋2021中身ネタバレ!予約できるか/値段/再販情報

スターバックス2021福袋の中身を知りたい
スターバックス2021福袋の予約はできる?

スタバの福袋は朝も暗いうちから並ぶほどの人気商品。

しかし2018年からオンライン抽選方式に変わり、事前申込かつ当選しないと買えない仕組みになりました。

2021年については、先に結論を言うとまだ何も発表されていないのですが、この記事では先取りすべく、

  • スタバの福袋中身の例年の傾向
  • スタバ福袋の抽選予約スケジュール

についてご紹介していきます。

スタバの福袋が欲しいと思っている方は参考にして頂けたら嬉しいです。

それではいきましょう!

スポンサーリンク

スターバックス福袋2021の中身ネタバレ!

まずは気になるスタバ福袋の中身を見てみましょう!

とはいっても、2021年の中身についてはまだわからないので、2017年以降の傾向をご紹介します。

よく見ると実はここ数年の中身の傾向は似ていて、こんな感じになっています。

  • 値段は税込6000~7000円
  • オリジナルトートバッグ(これに中身が入っている)
  • タンブラーorマグカップor ボトル 1~2本
  • グッズ2点ほど
  • コーヒー豆 2種類(挽いてあるもの)
  • ドリンクチケット(2020年は6枚、2019年までは4枚)

この傾向をもう少し詳しく言うと、

  • トートバッグは毎年違う素材orデザイン
  • タンブラーかボトルかカップかは何かしら入っている
  • コーヒー豆、ここ数年はハウスブレンドとパイクプレイスブレンドの2種
  • 2年連続で同じグッズが入る可能性は低め
  • ドリンクチケットは1枚で税抜610円まで・差額を払えばそれ以上のものでもOK

といった感じで、トートバッグを含めたアイテム数は6個~多くて9個。

2020年当選した人はこんな中身だったとのこと。

この投稿をInstagramで見る

 

Holly(@holly.3u)がシェアした投稿

2020年の場合は販売価格の2.4倍~2.7倍のものが入っていたので、お得であることは間違いないですね。
スポンサーリンク

スタバ福袋2021の種類は?

2017年以降、スタバの福袋は1種類のみとなっています。

ただし、「中身はどの福袋も同じ」ではなく、袋によって若干異なります。

開けてからのお楽しみになりますが、実際は数パターンあるということになりますね!

なお、2020年は3~4パターンありましたが、2019年は推定2パターンほど。

年によって変化あるようです。

スポンサーリンク

スターバックス福袋2021は予約できる?発売日は

スタバの福袋の発売日は毎年1月1日~3日の間で、各店舗の初営業日となりますが、買えるのは事前の抽選に当たった人のみです。

通常の予約は残念ながらできません。

11月下旬頃から始まる抽選予約に当選した人のみ買えるシステムとなっているので、抽選スケジュールを逃さずチェックすることがポイント!

なお、2020年発売分はこんなスケジュールでした。

  1. 店舗を指定して、抽選に申し込む(2020年分は、2019年11月30日(木)10:00~2019年12月13日(水)23:59まで受付)
  2. 当選の場合のみ、福袋購入のためのe-ticketが送られてくる(2020年は12月21日)
  3. 当選店舗の営業初日に引き換える(2020年からオンライン購入もOKとなったので、その場合は家に送られてくる)
2018年に抽選方式が導入されて以来、前年11月末~12月半ばあたりで福袋の抽選申込受付していますので、そんなに大差ないかな、と思われます。

ただ、今年は新型コロナウィルスの影響で変更があるかもしれません。

わかり次第、追記しますね!

例年、スタバの福袋は11月末~12月上旬頃まで抽選受付、となっています。
抽選に参加したい!という場合は、11月中旬頃から情報チェックしましょう!こちらでもわかり次第追記しますね!

当選後、引換は1日のみ

事前の抽選に当たった人がスタバの福袋を買うことができるのですが、注意しなくてはいけないのが、引き換えできるのは各店舗の営業初日1日のみという点。

そのため、年末年始帰省する予定がある人は、帰省スケジュールに合わせて引き換え場所を選ぶ必要があります。

また、一部引き換え対象外の店舗もあるので、事前抽選に申し込む際はしっかり確認してくださいね!

わたしの実家から一番近い店舗は、2020年は福袋引き換えできない店舗でした。
当たったら近所で買える、というわけでもないみたいですね!

スタバ福袋歴代の中身と値段

スタバ福袋の中身について、だいたいの傾向はお伝えしたようになっていますが、もう少し具体的にイメージしたいですよね。

ということで、2017~2020年の福袋中身歴代をチェックしてみましょう。

2020年の中身と値段

2020年は税込7000円で、約2.4~2.7倍の中身が入っていました。

  • トートバッグ
  • 福袋限定デザインタンブラー
  • タンブラーorマグカップorサニーボトル(最大3000円)
  • グッズ(1)レジャーシートorステンレスボトルなど
  • グッズ(2)ノートorマグネットor巾着など
  • ドリンクチケット6枚
  • コーヒー豆2種類

パターンはこんな感じだったみたいで、微妙に違いますよね!

この投稿をInstagramで見る

 

ひろ(@chihiyof)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

(@yoshiko_okura)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

@tabearuki_yuchiがシェアした投稿

2019年の中身と値段

2019年は税込6000円で、中身は以下のパターンが多かった模様。

  • トートバッグ
  • ブランケット
  • サンドイッチボックス
  • タンブラーorマグカップorグラスorサニーボトル
  • ジッパーバッグ
  • コーヒー豆
  • スターバックスヴィア(インスタントコーヒー)
  • オーナメント
  • ビバレッジカード4枚

非売品が多く入っていたので、どのくらいオトクかはわかりにくい年でした。
2019年当たった人の投稿はこちら!

この投稿をInstagramで見る

 

まいまい(@manmarumaimai)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

yu(@yum63)がシェアした投稿

2018年の中身と値段

2018年は税込6000円でした。

  • トートバッグ
  • 保冷付きミニトートバッグ
  • ハンディーステンレスボトル500mlなどタンブラー系1点
  • 瓶入りシュガー
  • コーヒー豆2種類
  • ドリンクチケット4枚

上記に加え、タンブラーかマグがもう1点入っていたものも。
こんな感じでした↓↓

この投稿をInstagramで見る

 

りえ(@rieeee_1027)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

きゃしゅみん_kasumi(@kasumi_814)がシェアした投稿

2017年の中身と値段

2016年まで2種類あったのですが、2017年から1種類のみに変わり、税込6000円でした。

  • トートバッグ
  • グッズ2点(タンブラー・ボトル類orロゴ入りデミタスカップorぬいぐるみorシュガーポット)
  • コーヒー豆2種類
  • ドリップコーヒー3袋
  • スティックコーヒー12本
  • ドリンクチケット4枚

この投稿をInstagramで見る

 

momo(@rila_kk)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

Yukiko/ゆっきー(@senna_lea)がシェアした投稿


こうしてみると、2020年はグッズのバリエーションが豊かで3~4パターンあったのですが、2019年は非売品が多く、タンブラーも入っていたり入っていなかったりだったようで、年によって微妙に変わる模様。

ただ、年々グッズの割合が多くなっているので、2021年もある程度グッズが入っているのではないでしょうか!

スタバ福袋2021の再販はある?

スタバの福袋は購入キャンセルとなった分が次の日に一般販売されていることもあったのですが、2019年販売からその一般販売はなくなりました。

この流れからすると、2021年も一般販売はない可能性が高いですね。

そのため、「抽選に外れたけどどうしても欲しい!」という場合は、メルカリなどのフリマサイトやオークションを使うしかありません・・・。

結構たくさん出品されるので、欲しい方は11日~3日にメルカリなどをチェックしてみるといいかも!

くれぐれも高すぎる値段で買わないように気を付けてくださいね!

まとめ

いかがでしたか。

この記事は、スタバ2021福袋について、中身ネタバレや・予約できるか・抽選スケジュールなどについてお伝えしました。

2021年は新型コロナウィルスの影響もあり、どのようになるか予想しにくいですが、情報がわかり次第追記してお伝えしますね!

少しでも参考になれば嬉しいです。

お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク