ボジョレーヌーボーがまずいのはなぜ?謎が解決する3つの理由




ボジョレーヌーボーがまずい・・・なぜなのか理由を知りたい

ボジョレーヌーボーの当たり年はいつなの?

美味しいボジョレーヌーボーって存在するの?

↑当記事ではこんな疑問を解決します。

毎年11月の第3木曜日に解禁されるボジョレーヌーボーはお祭り気分になりますよね。

ところが、盛り上がるわりに「え?別に美味しくなかったけど?」と思ったことありませんか。

結論から言うと、ボジョレーヌーボーをまずいと思う理由として、

  1. 安いのを買ってしまった
  2. 「ガメイ」という品種が好みでない
  3. あなた自身が熟成された赤ワインの方が好みだから

の3つが考えられます。

どれか思い当たるものありますか?

さて続きでは、上記の3つの理由を詳しく解説します。

もう少しお時間ある方・詳しく知りたい方はぜひ参考にしてください。

記事の最後の方には「本当の理由」も書いていますよ・・・。

それではいきましょう!

ボジョレーヌーボーは作り方からしても、使う品種からしても「薄いワインになってしまう」ので、そこが美味しくないと思う理由の大半を占めているかも!
スポンサーリンク

ボジョレーヌーボーがまずい理由1、安いのを買ってしまった

ボジョレーヌーボーをいくらくらいで買ったか思い出してみてください。

もし2000円未満で買ったのなら、この理由が当てはまるかも・・・

ワイン全体として「安くて美味しいワイン」もたくさんあるので、値段と味が比例するとは言い切れないのですが、ボジョレーヌーボーの場合は安すぎると美味しいものに出会えない可能性が高いです。

というのも、ボジョレーヌーボー自体が、ボジョレー地区の中で並質のワインだから。

ボジョレーヌーボー自体が並みの質、つまり良くも悪くもないワインのポジションなんだね・・・

そのためボジョレーヌーボーの場合は、ある程度値段と質が比例する可能性大なのです。

高いのを買おうとはいいませんが、安すぎるものが避け、スーパーで1本3000円くらいのものを選ぶのがおすすめです。

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボーがまずい理由2、「ガメイ」品種が好みじゃないから

ボジョレーヌーボーに使っているぶどうの品種は「ガメイ」。

私たちはあまり聞きなれない品種かもしれませんが、ボジョレー地区のメイン品種です。

フランス産のガメイのうち75%がボジョレー地区で生産されているというくらい、ボジョレー=ガメイ、です!

ガメイはフレッシュ&フルーティーなのが特徴なので、果実味や酸味をよく感じます。

こういった品種があまり好みではない、ということも考えられますね!

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボーがまずい理由3、濃厚な赤ワインが好みだから

3つめの理由は、そもそもあなた自身が「濃厚な赤ワインの方が好きだから」。

私たちは「ボジョレーヌーボー」と、言葉全体でなじみを感じていますが、

ボジョレー(地区名)+ヌーボー(新酒)=ボジョレーヌーボー

と、2つの単語が合体した言葉で、つまりは「ボジョレー地区の新酒お披露目ワイン」という意味です。

収穫したぶどうを通常何ヶ月・何年もかけてワインにするところを、1〜2ヶ月でワインにして「新酒」として飲んでいるわけです。

そのため、

  • 味が薄め
  • 味に奥行きがない

などといった風になってしまうわけですね。

ボジョレー地区はもともと軽快な赤ワインを生産する地区ですが、製造方法が超特急ゆえに、さらに軽いワインになるということ。

普段、渋め・重めの赤ワインを飲むことが多い場合は、ボジョレーヌーボーに違和感を感じるかもしれません。

なお比較的有名な「ボルドー」「ブルゴーニュ」地区で新酒の赤ワインは作られない(法律で認められていない)ので、赤ワインの新酒=ほぼほぼボジョレーヌーボーということになります。

ボジョレーヌーボーが美味しくない本当の理由

以上、3つの理由を詳しくご紹介しましたが、実はもう1つ「これが本当の理由かも」という原因があります。

それは、ボジョレー地区内の良質なワイナリーではボジョレーヌーボーは作られないということ。

フランスの各地域においてそれぞれワイナリーにランク付けがされるので、ボジョレー地区内もランク付けがされています。

ランクの中で良質なワイナリーに位置する「クリュ・デュ・ボジョレー(Crus de Beaujolais)」では、ボジョレーヌーボーは作られないのです・・・!

というか正確には、クリュ・デュ・ボジョレーでのボジョレーヌーボー作りは法律で認められていないのです。

ということは、

ボジョレー地区の良質なワイナリー(10個ある)でボジョレーヌーボーは作られない
ボジョレーヌーボーはTOP10以外のワイナリーで作っている
ボジョレーヌーボーは並みのワインだよ、と言っているようなもの

となるわけです。

ボジョレー地区のハイクオリティレベルのワイナリーでは新酒が造られないのか・・・

だからまずいんだ!とは言わないですが、ここまでに解説した理由と合わせて、ボジョレーヌーボー自体がワイン全体の中でハイクオリティではない、ということはお分かりいただけるのでは

ボジョレー地区の美味しいワインを飲みたいなら

ボジョレーヌーボーで玉砕して「美味しいボジョレーワインを買ってリベンジしたい」と思ったなら、以下の要件を満たすワインを探してみるのがオススメ。

↓↓

  • ラベルにCrus de Beaujolaisと書いてある
  • ガメイ・ノワール(Gamay Noir)

さらに、以下の表記があるもの:

比較的重い味わいがいい場合
BROUILLY
CHENAS
COTE DE BROUILLY
JULIENAS
MORGON
MOULAIN-A-VENT
REGNIE
軽い味わいがいい場合
CHIROUBLES
FLEURIE
SAINT-AMOUR

この10個は、ボジョレー地区の中の良質ワイナリー「クリュ・デュ・ボジョレー(Crus de Beaujolais)」なのですが、その中でも比較的重めの味わいと軽めの味わいを作るワイナリーに分かれています。

このどれかが書いてあるワインは、ボジョレー地区の良質なワインである可能性が高いです。

この分類がすべてではないですが、よかったら参考にしてください。

ちなみに例として、「比較的重い味わいがいい場合」にリストアップされているMOULAIN-A-VEVTがこちら

↓↓

 

ボジョレーヌーボーはなぜまずいのか?まとめ

いかがでしたか。

この記事では「ボジョレーヌーボーがまずいのはなぜ?」について解説しました。

まとめると、

  • 安いのを買ってしまったから
  • ボジョレーヌーボーに使われる品種が好みじゃないから
  • あなた自身が「濃厚な赤ワインが好みだから」
  • ボジョレー地区のランク分けの特徴からボジョレーヌーボーはそもそも並質のワインの位置づけだから

といった理由が考えられます。

日本ではお祭り騒ぎになるので、まるで美味しいワインなのではないかと思ってしまいますが、あまり期待せず、でも今年のぶどうはどんな感じなのかな?程度に楽しむのがおすすめです。

以上、参考にして頂けたら嬉しいです。

お読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク