子供のトマト嫌いを克服させたい

トマトを食べさせるのにどんな工夫をしたらいい?

栄養たっぷりの代表野菜、トマト。

しかし子供にとっては苦手な食材の5本指に入ることもしばしば。

トマト味は大丈夫なのに生トマトはダメ、なんていう子も多いんじゃないでしょうか。

ということでこの記事では、子供に生トマトを食べさせるための2つの工夫ポイントをお伝えします。

簡単にできる技なので、もしもあなたが子供のトマト嫌いに悩んでしたら、きっと参考になりますよ。

それではどうぞ!

スポンサーリンク

子供がトマトを嫌いな理由は?

子供がトマトを嫌いな理由には様々あると思いますが、代表的なものとして

◆酸っぱい

◆食感が変(飲み込みにくい)

というのが挙げられるのではないでしょうか。

もし、「トマト味」は大丈夫なのに、生トマトはダメ・・・ということであれば、ちょっと工夫してあげるだけで、ぐんと食べやすくなります。

子供のトマト嫌いを克服する工夫とは?

子供のトマト嫌いを克服するためには、生トマトを食べやすくしてあげればよいわけですが、そのためのポイントは、

◇酸味をなくすために→種を取り除く

◇食べやすくするために→皮をむく

この2つです。

トマトの種を取り除くと酸味が軽減!

トマトといえば酸っぱいイメージがありますが、種を取り除くことで酸味が減るんです。

トマト全体が酸っぱいイメージがありますが、実際は種がいちばん酸味がある部分。

なので、種を取り除くだけでずいぶん変わるんですよ〜。

食べやすくするためにトマトの皮をむこう

子供がトマトを嫌いになるもうひとつの理由として、「食べにくい」というのがあります。

つまり、食感が変だったり、噛みにくい・飲み込みにくいということですね!

これをなくすための工夫はトマトの皮をむくこと。

トマトの皮をむくことで口当たりが良くなり、食べやすく・飲み込みやすくなります。

トマトの皮のむき方は?

トマトの皮をピーラーでむこうとしても、皮がかたくてむきにくいんですよね!

なので「湯むき」といって、トマトを一度熱湯につけてから皮をむきます。

トマトを直火であぶる方法もありますが、危ない&焦げる可能性もあるので、難易度の低い、熱湯に浸ける方法をご紹介します。

以下、写真解説をするので参考にしてください。

用意するものは、

  1. トマト
  2. 包丁&まな板
  3. フォークまたはあみすくい
  4. 熱湯
  5. 水の入ったボウル

です。

1、トマトが浸かるくらいのお湯をわかす・トマトのヘタを取っておく

まずは、トマトが丸ごと浸かるお鍋でお湯を沸かし、その間にトマトのヘタを取っておきましょう。

ヘタを取っておくのは、あとで皮をむきやすくするため。

以下の写真のように、ヘタのまわりに切り込みを入れ取ります。

2、トマトを湯の中に5秒ほど浸ける

お湯が沸いたら、トマトを5秒ほど浸けます。

お湯が跳ねないよう、フォークやあみじゃくしを使うといいですよ。

この浸ける時間は5秒〜長くても8秒ほどで大丈夫。

↑このようにちょっと皮がめくれてきたらOKです。

見た目で皮がぺろっと剥けてきた状態はお湯に浸けすぎです(食べる分には問題ありませんが)。

もしトマト全体を浸けるのが難しかったらコロコロ動かして、全体が順番にお湯に浸かるようにしてくださいね。

3、すぐに冷水の中に入れて冷やす

熱湯に5秒ほど浸けたら、すぐに冷水の中に入れます。

理由は、これ以上火が通らないようにするためと、トマトをさわれる温度に冷やすため。

熱湯につけたあとすぐに冷水に入れてください。

トマトがさわれる温度に落ち着いたら取り出してOKです。

4、皮をむく

ぺろっとめくれてきた部分から皮を剥がしていきます。

ちょっと引っ張るような感じです。

皮をむくときトマトが柔らかかったり形が崩れるようなら、火を通しすぎなので次回はもう少し短くしてみましょう!

こうしていくと、下の写真のようにきれいにトマトの皮がむけ、食べやすくなります^^

トマト嫌いを克服するためのおまけの2つのポイント

トマトの皮をむき中の種を取り除けば、ずいぶんと食べやすくなりますが、おまけのポイントとして2つ。

それは、

◇食べやすい大きさに切る(角切りなど)

◇自分(親)が美味しそうに食べる

で、この2つもなかなか重要です。

自分(親)も美味しそうにトマトを食べましょう

ただ「食べなさい!」「体にいいんだから!」と言っても子供にはなかなか伝わらないんですよね。

なので親である自分がトマトを美味しそうに食べてみてください。

ニコニコしながらトマトを食べ「美味しいよ〜」「一緒に食べよう」と言うと、だんだんと子供のトマトに対する態度が変わってくるはず。

トマトに限らず、ほかの食材もそう。

まずは自分が美味しそうに食べてみてくださいね^^

まとめ

いかがでしたか。

この記事では、子供のトマト嫌いを克服するためのポイントを紹介しました。

復習すると、

◇トマトの種を取り除く

◇トマトの皮を湯むきする

です。

よかったら試してみてくださいね!

最後までお読み頂きありがとうございました。

こちらのトマト記事もよく読まれています

こちらのトマト記事もよく読まれていますので、あわせて参考にしてください。

◇トマトの酸味をおさえるためのポイント→これで解決!トマトの酸味を抑える調味料5選!

 

◇無水カレーを作るときの参考に♪→無水カレーをトマト缶使って作ってみた!材料/手順/ポイント

スポンサーリンク