東京五輪2020延期で嵐の活動休止はどうなる?カイトが使われるかも調査

東京五輪2020が延期になったけど、嵐の活動休止はどうなる?

東京五輪2020が延期になったけど「カイト」は使われるの・・・?

東京五輪2020が延期と発表され、日本中に衝撃が走った2020年3月24日。

様々な方面で心配事・課題がありますが、そのひとつとして「嵐の活動休止はどうなるの?」「カイトは使われるの?」といったことも気になりますよね!

そこでこの記事では、東京五輪2020の延期に伴う嵐の活動休止への影響について調べてみました。

それではどうぞ!

スポンサーリンク

東京五輪2020延期で嵐の活動休止はどうなる?

東京2020オリンピック・パラリンピックで NHKのスペシャルナビゲーターに就任している嵐。

しかしすでに報道されている通り嵐は2020年をもって活動を休止するため、オリンピックが間に合わないことになります。

活動休止までにオリンピックが開催されれば問題ないですが、小池都知事は

  • 2020年内の開催はない

とコメントをしているため、実質、間に合わないことがわかります。

まだ正式な情報は出ていませんが、可能性としては

  • 嵐は降板する→他のジャニーズ(または別のタレント)に引き継ぎ?
  • 活動休止の日を延長する?

あたりでしょうか。

ファンとしては後者の方が嬉しいですが、そう簡単にはいかないですよね・・・

仮に活動休止日が延びた場合、テレビやCM、ライブなど嵐のありとあらゆるところに影響が及ぶからです。

こちらについてはわかり次第、お伝えしますね。

スポンサーリンク

東京五輪2020延期で「カイト」は使われるの?

東京五輪2020延期に伴いもうひとつ気になるのが、NHKの公式テーマソング「カイト」はそのまま使われるのか?ということ。

嵐が予定通り2020年をもって活動休止するならば、せっかくの「カイト」も使えなくなってしまいます・・・。

こちらの選択肢としては、

  • 「カイト」はテーマ曲としてそのまま使う(嵐の歌う場面あり)
  • 「カイト」はそのまま使うが、あくまで音源のみ
  • 別の曲になる

といったあたりでしょうか。

こちらもどうなるのかわかり次第追記します。

スポンサーリンク