2018年7月14日(土)から始まる、日テレの土曜ドラマ「サバイバル・ウェディング」。

こちらの主題歌が、C&Kのニューシングル「ドラマ」に決定したと発表されました。

C&Kがドラマ主題歌に起用されるのは初!

ということで今日は「サバイバル・ウェディング」主題歌を歌うC&Kがどんな歌手なのか見てみましょう!

スポンサーリンク

サバイバル・ウェディング主題歌を歌うC&Kってどんな歌手?プロフィールを見てみよう


※C&K公式サイトより引用

C&Kとは、男性2人組のシンガーソングライターユニット。

CとKはそのまま2人の頭文字で、CLIEVY(クリビー)とKEEN(キーン)という2人です。

CLIEVY(クリビー)の地元は栃木県小山市、KEEN(キーン)の地元は鹿児島県鹿屋市で、それぞれの市で1万人以上を動員する野外ワンマンライブを開催した経験があります。

今年デビュー10周年!ネクストブレイクに期待!?

ちょうど今年6月18日にデビュー10周年を迎えたC&K。

まずはインディーズデビュー、そして2010年に「梅雨明け宣言」という曲でメジャーデビューしました。

11月には横浜アリーナでワンマンライブを開催する予定とのこと。

ドラマの主題歌が決定したあとなので、チケット争奪戦になるかもしれませんね!

【実績は?】C&Kのツアー規模、徐々に拡大中

横浜アリーナでのワンマンライブが決定したC&Kですが、それまでのライブ歴を調べてみました。

  • 2011年:
    5大都市ツアー/動員2700名
  • 2013年:
    8都市9公演/動員8000名
    11都市ライブツアー/動員9000名
  • 2014年:
    2月~8都市8公演/動員11000名
    5月~西日本全県をまわるツアーで22ヶ所26公演/動員15000名
    11月には福岡マリンメッセにてライブ、10000名を動員・チケットは即完売。
  • 2015年:
    東日本をまわるツアーで28ヶ所29公演
    鹿児島アリーナにて2DAYSライブ
    11月には両国国技館にてライブ。
  • 2016年:
    15都市16公演のホールツアー
    8月、福岡県にて野外ワンマンライブ/動員15000名
  • 2017年:
    全国31公演開催
    8月、栃木県小山市で野外ワンマンフリーライブ、動員/10000名
    10月、鹿児島県にて野外ワンマンライブ、動員/15000名

徐々に規模を大きくしていっています。

なお、2018年6月からホールツアーを開催しており、22公演。チケットはほとんどの会場で売り切れているようです。

ちなみに、野外ライブではこんな感じの模様。

この動画を見たとき、インパクトあるなーと思いました(笑)

そして、今回主題歌に起用された「ドラマ」とは印象が異なりますね。

原作を読んだC&Kが書き下ろし!「ドラマ」はサバイバル・ウェディングのための歌

C&Kの歌がドラマ主題歌として起用されるのはこれが初めてです。

今回土曜ドラマで放映されるサバイバル・ウェディングは、同じタイトルの原作があり、大橋 弘祐著・「これ、私のパンツじゃないんだけど・・・」から始まる、爆笑必至のノンストップラブコメディ小説。

C&Kはこの原作を読んで、今回の主題歌「ドラマ」を書き下ろしたそう!

”いろいろあるけど元気にいこう”という、頑張っているすべての人に向けた疾走感ある楽曲とのコメントがありますが、そのとおりに思います。

ライブ画像と比べると、また違ったテイストの曲ですね。

CLIEVYは、主題歌決定の発表の際、猿のかわいい動画を添えて喜びを表現しています。おちゃめ(笑)

まとめ

デビュー10周年の節目にドラマ主題歌起用が決定したC&K。

曲のテイストから、「逃げ恥」の「恋」のようなヒットになりそうな気もします。

新たに注目される2人が楽しみですね!

スポンサーリンク