パーティーの乾杯ってシャンパンじゃないとだめなの?

パーティーの乾杯におすすめのスパークリングをおしえて!

大人数・少人数に関わらず、パーティーの乾杯といえばシャンパン・・・なイメージがありますよね。

でも本当に、

パーティーの乾杯はシャンパンじゃないとダメなのでしょうか?

パーティーの乾杯がスパークリングワインだと、かっちょ悪いのでしょうか?

だっていざシャンパンを買おうとすると、スパークリングワインの値段の何倍もするんですもん・・・。

ということでこの記事では、パーティーの乾杯はシャンパンじゃないとダメなのか?スパークリングならどれにすればいいのか?をまとめました。

もしもあなたが、

  • パーティーの乾杯はシャンパンじゃないとダメなのか気になっている
  • パーティーの乾杯にふさわしいスパークリングを探している

ということであればきっと役に立ちますよ。

それではどうぞ!

本来は「シャンパーニュ」ですが、この記事ではわかりやすく「シャンパン」という呼び名で統一します。
スポンサーリンク

パーティーの乾杯はシャンパンじゃないとダメなの?

最初に答えを言います。

パーティーの乾杯はシャンパンじゃないとダメなのかというと・・・「そんなことありません」。

たしかに、シャンパンは美味しいです。

ですが、スパークリングワインにもシャンパンに負けないくらい美味しいものがあります。

それは、シャンパンと同じ製法をしているものです。

シャンパンと呼ぶための条件は?

シャンパンの泡(炭酸)はとても細かく、きれいな泡をしています。

これは、瓶内二次発酵という、シャンパンを造るにあたり決められている製造方法の特徴です。

瓶内二次発酵とは、瓶の中でワインを発酵させること。
1本1本発酵させるので手間がかかる製法だが、瓶の中に旨みが広がり、泡はとてもきめ細かくて消えにくい。

シャンパンと呼ぶには条件が3つあって、

  1. フランスのシャンパーニュ地方で造られている
  2. 使うぶどう品種はピノノワール・ピノムニエ・シャルドネの3種
  3. 発酵が瓶内二次発酵という方法である

この3つすべてを満たしていないとシャンパンとは呼べません。

つまり・・・、

  • シャンパーニュ地方で造られていなければ、シャンパンとは呼べない
  • シャンパーニュ地方で造っていても、ぶどうの品種が違うならそれはシャンパンとは言えない
  • シャンパーニュ地方で決まった3つのぶどう品種で造っても、瓶内二次発酵という方法でなければそれはシャンパンではない

ということなんです。

逆に言うと、生産地域以外は同じようにできるのです。

シャンパンと同じ製法のスパークリングワインを狙おう!

スパークリングワインは、

  • 白ワインに炭酸ガスを足したもの
  • タンクでまとめて発酵させたもの
  • 1本1本瓶の中で発酵させたもの

と造り方が実に様々。

このなかでシャンパンと同じ製法に当たるのが「1本1本瓶の中で発酵させたもの」。

つまり先ほどお伝えした、瓶内二次発酵という造り方です。

ではどうやったら瓶内二次発酵で造っているスパークリングワインなのかがわかるのかというと・・・

実は、瓶内二次発酵で造っているスパークリングは名前が決まっているんです!

シャンパンと同じ製法のスパークリングワインの4つの名称

シャンパンと同じ製法のスパークリングワインは国ごとにその名前が決まっていて、ひとまず4つ名前を覚えておけばOKです。

有名どころをおさえておきましょう。

  • カヴァ(スペイン)
  • クレマンド・○○(地名)(フランス)
  • ゼクト(ドイツ)
  • フランチャコルタ(イタリア)

これら4つのいずれかの名称が書かれているスパークリングワインはシャンパンと同じ製法のもの。

名前を覚えておけば上質なスパークリングを買えるだけでなく生産国までわかっちゃいます^^

あとシャンパンとは何が違うのかというと、生産地(シャンパーニュ地方ではない)ということと、使っているぶどう品種。

この2つの違いが残るものの、「瓶内二次発酵」が共通しているだけで、旨みは他のスパークリングとだいぶ差がついています。

1、カヴァ【CAVA/スペイン】

シャンパンの製法と同じスパークリングワイン、1つめはCAVAです。

千円だしてお釣りが来るものもあるくらい、コスパが良い人気のスパークリングワイン。

スーパーなど、手ごろなところで買えるのも魅力です。

使う品種は以前は決まっていましたが(マカベオ、チャレッロ、パレリャータの3つ)、今は自由です。

フランスは伝統を重んじるのに対し、スペインでは革新派が優勢になる傾向があり、品種の縛りもなくなったんです。

1歩踏み込んだ解説をすると
カヴァは品質によって3段階に分類されます。
  • スタンダード:最低9ヶ月熟成させたもの
  • レセルバ:最低15ヶ月熟成させたもの
  • グラン・レセルバ:最低30ヶ月熟成させ、かつぶどうの収穫年の表示があるもの

これらの分類はボトルにシールや帯で表示されています。

2、クレマン・ド・○○(地名)【Crémant de ○○/フランス】

フランスのシャンパーニュ地方以外で作られた瓶内二次発酵のスパークリングは「クレマン・ド・○○」という名称で売られます。

○○には、地名が入りまして、アルザス地方で作られたものなら「Crémant d’Alsace(クレマン・ダルザス)」。

クレマンとは「泡」という意味なので、クレマン・ダルザスなら「アルザスの泡」という意味です。

品種に法的な縛りはありません。

とはいえ、「アルザスの泡」という意味以上、その地方で得意とする品種を使うことが多いです。

3、ゼクト【Sekt/ドイツ】

ドイツではスパークリングワイン自体は、ガスは注入したものでも構わないということになっています。

そんな中、手間ひまかけてドイツで瓶内二次発酵させて造られたスパークリングワインを「ゼクト」と呼びます。

「Sekt」と書いてあったら、きめ細かい泡で旨みが詰まったスパークリングワインです!

1歩踏み込んだ解説をすると

ドイツ産のぶどう100%で、かつドイツで作られたスパークリングワインの場合は「ドイチャー・ゼクト」と呼ばれます。

品種の縛りはないけど、ミックスして作る場合は、1番多く使う品種の割合を85%以上にする必要があります。

2種のぶどうを50%ずつ、といったものはないので、品種の調和を楽しみたい場合には不向きかもしれません。

4、フランチャコルタ【Franciacorta/イタリア】

フランチャコルタは、ミラノがあるロンバルディア州の瓶内二次発酵スパークリングです。

イタリアの北の方に位置しているので、気候は比較的冷涼。

品種はほぼシャルドネですが、ほかにピノ・ビアンコ、ピノノワールなども使われます。

ちなみに、エノテカさんには「ヴェラビスタ」という、良いフランチャコルタが置いてあるので、プレゼントに使いたいときなどにオススメ!

スポンサーリンク

最後に

ということで、ちょっといいスパークリングワイン/シャンパンに近いスパークリングワインをお探しのときは紹介した4つの名前、

  • Cava
  • Crémant de ○○
  • Sekt
  • Franciacorta

を探してみてください。

他の国のスパークリングワインでも、説明書きに「瓶内二次発酵」という文字があればOKです^^

やっぱりシャンパンじゃないとダメなのか・・・ではなく、シャンパンと同じ製法のものに着目することで、予算に合わせて選べるようになりますね!

とくにCavaは手軽に買えるのでおすすめですよ^^

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク