目黒川にお花見行きたいけど、混雑を避けて観賞出来ないかなぁ・・・

目黒川のお花見の穴場を教えて!

東京の人気お花見スポットのひとつ、目黒川。

川にしだれる美しい桜と提灯のコラボレーションが美しいことで有名な場所です。

ですが、中目黒駅から楽しもうとすると、交通整理するほど混雑していて見るのにひと苦労・・・。

そこでこの記事では、実際に足を運んで確認した、目黒川お花見の穴場をお伝えします。

実はちょっと場所をずらすと、びっくりするくらい混雑なく快適に見ることができるのをご存知ですか。

もしもあなたが、

  • 以前、中目黒駅から目黒川の桜を見に行こうとしてその混雑に心折れた
  • 目黒川の桜を見に行きたいが、混雑は避けたい

と思っているのならきっと役に立ちますよ。

それではどうぞ!

目黒川のお花見2019/穴場として川の起点を狙おう

目黒川は東京都の世田谷区・目黒区・品川区の3つを流れる川。

目黒川のお花見というと、東急東横線の中目黒駅から観賞する人がとても多いのですが、実は、五反田駅・目黒駅・池尻大橋駅からも見ることができます。

その中で穴場として狙い目なのは、川の起点である、東急田園都市線 池尻大橋駅付近です。

正確には池尻大橋駅の数百メートル先が起点なのですが、地中に埋設されているため、実質の起点は駅付近。

池尻大橋駅のすぐ近くから桜並木があり、中目黒駅の混雑が信じられないくらい、のんびりとした雰囲気で観賞することができます。

中目黒から川沿いを歩くと池尻大橋に着く

路線図を見ると中目黒と池尻大橋駅ってあまりつながらないのですが、実は中目黒駅から目黒川沿いを歩いていくと池尻大橋駅にたどり着く位置関係です。

簡単な図で言うと、こんな感じです。

※大きさの割合がおかしいのはご了承ください(笑)

図のオレンジで塗ってあるあたりが穴場です!

つまり、首都高速中央環状線の下をくぐったあたりからが空いていてのんびり桜を見れるポイント。

スポンサーリンク

目黒川のお花見2019/池尻大橋駅付近から桜を見る3つのメリット

池尻大橋駅から桜を眺めるメリットは3つ。

  • 駅からすぐ&混雑していない
  • 歩道が広め
  • 駅周辺に飲食店あり

です。

駅から徒歩1分ですぐ桜並木が見える&混雑していない

中目黒駅は改札前で交通整理をするほど人であふれ返っていますが、池尻大橋駅はそんなことありません。

東口の階段を昇ったら右手に進むと、1分程度で目黒川とその桜が見えてきます。

駅からスムーズに桜にたどり着くのは、池尻大橋駅からお花見をスタートするメリットです!

また、中目黒駅に比べると桜の観賞スポットとしては知名度が低いので、混雑もそんなにしていません。

提灯もちゃんと飾ってありますよ!

歩道が広め

2つめのメリットは、池尻大橋駅付近の目黒川は歩道が広いということです。

中目黒に比べると歩道が広く、人も少ないのでのんびり歩けます。

駅周辺に飲食店あり

意外と、というと失礼ですが、池尻大橋駅付近にはそれなりに飲食店があります。

有名なイタリアンから飲み屋さんまで。数はやはり中目黒駅ほどではないものの、食事を楽しむことが可能。

また、国道246号沿いを三軒茶屋駅方面(桜とは反対方向)に10分弱歩いていくと「三宿(みしゅく)」という交差点があるのですが、

その付近も美味しい飲食店がたくさんあります。散歩がてら足を伸ばすのもオススメ。

池尻大橋駅から桜を見るデメリット

メリットだけではナンなので、デメリットもお伝えします。

  • 東急田園都市線しか通っていない
  • 露店はない

この2つです。

1つめについて、

中目黒駅は日比谷線と東急東横線が乗り入れていますが、池尻大橋駅の場合東急田園都市線しか通っていないので、アクセスに限りはあります。

とはいえ渋谷から1駅なので、渋谷方面や田園都市線沿いから桜を見に来る場合はとても便利。

2つめのデメリットは露店はないということです。

中目黒駅付近はお祭りモードみたいな雰囲気もあるので、飲み物や食べ物を川沿いで買って桜を見ることもできますが、池尻大橋駅からだと、いたって静かに散歩しながら桜を観賞する、といった感じです。

のんびり見たい方にはとってもオススメですが、ワイワイ見たい!という方には向いていないかもしれません。

まとめ

いかがでしたか。

今日は、目黒川の桜の穴場、「池尻大橋駅付近」についてお伝えしました。

私も毎年中目黒から見に行っていたので、池尻大橋駅からの空き具合を知ったときはびっくりしました。

よかったら参考にしてください^^

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク