10万円給付4月27日生まれは対象なの?亡くなった場合の基準も解説

2020年4月27日に生まれた赤ちゃんは10万円給付の対象になるの?

新型コロナウイルスの対策として1人につき一律10万円給付が決定しましたが、気になるのが2020年4月27日に生まれた赤ちゃんは対象なのか?といったことですよね。

そこでこの記事では、基準日に生まれた赤ちゃんがはどうなるのか?をまとめました。

あわせて、亡くなった場合は?も載せておりますので、あなたの置かれている状況によって読み分けてください。

それではどうぞ!

スポンサーリンク

10万円給付・4月27日生まれは対象なの?

政府によると、10万円給付の対象者は、基準日の令和2年4月27日において住民基本台帳に記録されている人。

4月27日に生まれた赤ちゃんはその日に登記できるわけではないので、上記の表現だけだと10万円給付の対象者になるのかわからないですよね。

これについて調べたところ、2020年4月27日生まれの赤ちゃんは10万円の対象者になるとのことでした!

出生届を出し、3か月以内に申請しよう

もともと赤ちゃんが生まれてから14日以内に出生届を出すことになっているので、まずは出生届を出して住民基本台帳に登記するところから始まりますね。

出生届を出し受理されてから世帯主が10万円給付申請をすれば、2020年4月27日に生まれた赤ちゃんの分も給付されることになります。

市町村によってはすでに申請受付スタートしたところもありますが、4月27日に生まれた赤ちゃんがいる家庭は、焦らず出生届を出してから!ですね。

4月28日生まれは対象外なの?

一方、基準日以降、つまり2020年4月28日以降に生まれた赤ちゃんは、今回の10万円給付の対象外となります。

1日の違いが大きくなってしまいますが、これは仕方のないことですね。

スポンサーリンク

4月27日以降に亡くなった方は給付の対象?

気になるのは基準日に生まれた場合だけではなく、亡くなった場合はどうなるのか?といった点。

これについては、基準日の2020年4月27日以降に亡くなられた人も対象となる、とのことです。

そのため、実際の申請は5月や6月でも、4月27日の時点で生きていたなら10万円給付の申請ができる、ということになります。

自分の感情とは関係なく、事務的に基準日判断、となるわけですね。

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、新型コロナウイルス対策の10万円定額給付金について、4月27日生まれは対象になるのか?をお伝えしました。

参考にして頂けたら嬉しいです。

なお当記事は、こちらのサイトのQ&A欄を参考にしました。→https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1250538.html

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク