2018年7月スタートの日曜劇場「この世界の片隅に」。

アニメ映画としてヒットした作品ですが、この度7月から実写ドラマとして放映されます。

アニメ映画では主人公「すず」の声優を能年玲奈が務めましたが、ドラマ版の主役はなんと3000人のオーディションから抜擢された、2015年デビューの松本穂香(まつもと ほのか)。

今注目を集めている彼女をチェックしてみましょう!

スポンサーリンク

「この世界の片隅に」主人公として3000人のオーディションから大抜擢!

松本穂香が「この世界の片隅に」の主人公「すず」に選ばれた経緯は、オーディション抜擢。

3000人の中から頂点に立ち、日曜劇場のヒロイン役をゲットしました。

携帯電話のCMに出演し注目をあびている松本穂香

松本穂香 公式Twitterより画像引用

松本穂香は、携帯電話・auのCM「意識高すぎ!高杉くん」シリーズに出演し注目を浴びました。

2017年には「お~いお茶 ほうじ茶」のCMにも出ています。

どちらかというとこれまでは連続ドラマのゲスト出演や映画への出演が多かったようです。

「この世界の片隅に」主人公のほかでは映画に多数出演

最近では松本穂香がどんな作品に出ているかというと

  • 映画「恋は雨上がりのように」/2018年5月25日公開
  • 映画「世界でいちばん長い写真」/2018年6月23日公開

また過去には

  • 映画「狂い華」
  • ドラマ「コードネームミラージュ」第21話ゲスト出演
  • ドラマ「脳にスマホが埋められた!」第4話ゲスト出演
  • ドラマ「ブランケット・キャッツ」第5話ゲスト出演
  • 映画「MATSUMOTO TRIBE」出演

など、2017年はゲスト出演が多かったですが、今回はヒロイン抜擢と、活躍の場を着々と広げています。

「この世界の片隅に」主人公 松本穂香のプロフィール

松本穂香 所属事務所ホームページより画像引用

松本穂香のプロフィールを所属事務所ホームページより抜粋しました。

松本 穂香(まつもと・ほのか)

1997年2月5日生まれ

出身 大阪府

所属 FlaMme(フラーム)

公式Twitterを2017年3月にオープン。

フラームには、広末涼子さんや戸田恵梨香が所属しています。

「この世界の片隅に」主人公すず役のため、下駄で生活!?

「この世界の片隅に」の主人公役が決まったあと、松本穂香本人は広島に行ったそう。

「すず」が生まれ育った江波や、嫁ぎ先の呉を訪れ、すずが生きた街を体感しに行ったとのことです。

また、昭和を生きた役柄のため、日常で下駄を履くようにし、慣れるようにしているとか。

そんな努力を重ねている松本穂香がどんな風に演じるのか・・・楽しみです!

スポンサーリンク